通訳翻訳に関する専門技能と高度な日本語力・コミュニケーション能力を身につけ、日本や母国の企業への就職を目指すコースです。
「就職」というゴールを目指す語学専門課程です。
企業が留学経験者に求めているのは、通常業務をこなすことはもちろん、留学で培った経験や知識と高度な語学力を駆使して「通訳、翻訳」を行い、母国(広くは世界)と日本をつなぐ役割を担うことです。
本科では、国内外の企業が求める人材、プロフェッショナルな仕事ができる人材を育てるために、授業科目を、通訳・翻訳科目、日本語科目(日本語系、文化教養系)、ビジネス科目、語学科目に分け、それぞれに特化した授業を行います。さらに、就職に有利となる資格試験対策の自由選択科目も設置し、国際的な舞台で活躍できるビジネスパーソンを送り出します。
(※通訳/翻訳授業は、英語か中国語のクラスに分かれます。)

教育指導の特色

Course Characteristics 01
ビジネス場面での通訳・翻訳技能の育成

Course Characteristics 02
高度な日本語力、コミュニケーション能力の養成

Course Characteristics 03
就職に向けたカリキュラムきめ細かな就職支援

Course Characteristics 04
資格取得のための自由選択科目設置

Course Characteristics 05
充実した外国語教育(実用のための英語等が学べる)

1週間のスケジュール例

※各科目をクリックすると、カリキュラムを表示します。
  月 MON 火 TUE 水 WED 木 THU 金 FRI
1限
9:10~10:00
2限
10:10~11:00
3限
11:10~12:00
4限
13:00~13:50
5限
14:00~14:50
6限
15:00~15:50

カリキュラム

充実したカリキュラムで、国際社会で活躍できる専門家を育成します。
必修
科目
日本語科目 日本語系 上級レベルの日本語を正確かつ適切に運用できる力をつける。
文化教養系 日本の地理や歴史、時事問題、経済などについて学ぶ。
通訳・翻訳科目 的確にすばやく通訳するために必要な知識と通訳技術を学ぶ
(CALLシステムを利用した音声・発音指導も含む)。
翻訳に必要な理論と知識を身につけ、正確かつ適切な翻訳能力を身につける。
基本的に一週間を通して毎日訓練を行う。母語の違いによって英語・中国語のグループに分かれるが、言語の枠を取り払った総合的な訓練も行う。
ビジネス科目 ビジネス場面における基本的な知識・技術・マナーおよび日本語表現を身につける。
BJT、SPI(文系)対策も含む。
英語コミュニケーション ビジネス場面で活躍するために必要な英語によるコミュニケーション能力を伸ばす。
特別科目 通訳実習、日本文化体験、長野研修旅行、日本企業体験授業
(希望者のみ)。
自由
選択
科目
就職に有利な資格取得試験に直結する「試験対策」の授業。通訳案内士、日本語能力試験N1、日本語検定、
語彙読解力検定、ビジネス能力検定ジョブパス、TOEICなど、合格を目標とする。他、中国語、韓国語学習など。
※年度により変更があります。

教員メッセージ

日本語能力を高め、就職を目標としたキャリア教育を通じて、高い語学力を身につけた国際的舞台で活躍できる人材を育成します。
日本の企業や母国で日本と関係がある会社に勤めたい人、語学力を高めながら日本のことをもっと深く知りたい人にとって最適なコースです。

学科説明会・相談会

日本語通訳ビジネス科は学校説明会を行っています。学科担当教員による学科説明(学ぶ内容、特色、進路など)を中心に、入学に関する質問にもお答えしています。模擬授業を体験できる場合もあります。お気軽にご参加ください。