Prepare to work as Japanese language instructors in the home country by gaining the knowledge and skills necessary for a non-Japanese to become a Japanese language teacher.
Our Japanese Language Teacher Training Course curriculum meets the Japanese language teacher training requirements set by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, and the Course is authorized by the Agency as of May 26, 2017. (Authorization number given by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan: H29052613014)
Japanese Language Teacher Training Course holds a student teaching program in the first and the second semester. With the foundational knowledge and skills gained from the curricula、each student designs a lesson and leads a class as a teacher. This student teaching program gives students the fulfillment and the confidence as a teacher.

Special Features of the Program

Course Characteristics 01
Small size classes for a thorough individual attention to students by a teacher.

Course Characteristics 02
Student oriented education featuring presentations and discussions.

Course Characteristics 03
Curriculum uniquely developed for the non-Japanese in the acquisition of Japanese language and for the deeper understanding of Japan.

Course Characteristics 04
Practical education that corresponds to the actual educational situations, with an objective to harmonize the theory and practice of education.

Course Characteristics 05
Awarding of the Japanese Language Teacher Certificate to students with outstanding scholastic achievement.
(The certificate of our school is given to students who have met our standards.)

Weekly Schedule

※各科目をクリックすると、カリキュラムを表示します。
  月 MON 火 TUE 水 WED 木 THU 金 FRI
1限
9:10~10:00
2限
10:10~11:00
3限
11:10~12:00
4限
13:00~13:50
5限
14:00~14:50
ホームルーム
Homeroom
★・・・日本語を母語としない人のみ  Only people whose native language is not Japanese

Curriculum

Theories of Japanese culture, Japanese pedagogy, study of Japanese language, and Japanese studies seminar make up an effective curriculum for a steady development of knowledge.
学校が定める基準を満たす学業成績優秀者には、「日本語教師資格認定証」を授与します。

日本語の教え方 日本語に関する知識 日本文化に関する理解

日本語教育学 日本語教育の方法を学ぶ。幅広い知識と視野を持ち、状況に応じて自ら最善の方法を考えることのできる教師を育てる。
日本語教育学Ⅰ Ⅱ(通年) 様々な教授法、教材作成の方法などを学ぶ。本校日本語科の授業見学などを含む。
教科書分析(9月~10月) 各種の初級日本語教科書を教師の視点から分析する。
第1回教壇実習(6月~7月) 初級文型の導入と練習の授業を実施する。
中上級技能教材(10月~11月) 中上級の技能(読む、聞く、書く、話す)の教材を作成する。
第2回教壇実習(1月~2月) 中上級の技能教材を作成し、授業を実施する。
評価(1月~2月) 評価法について学び、初級のテストを作成する。

日本語学 日本語の仕組みについて学ぶ。教えるための知識を得ると同時に自分の日本語を客観的にみる。
文法(通年) 主に初級文型を分析し、広範囲の知識を得るとともに教える際のポイントを学ぶ。
音声(通年) 日本語の音声的特徴(音、拍、アクセント、イントネーション等)について学び、発音指導ができるようにする。

日本文化論 日本文化、日本人の考え方や行動とその背景を学ぶ。
日本文化論(通年) 「日本人のコミュニケーション」、「日本の歴史」「日本語と日本社会」、「日本語の表記」などの9つのテーマを順に学び、日本語および日本に関する理解を深める。

語学演習 異文化理解を深めながら、語学運用力の向上を図る。
日本語演習(日本語が母語でない人のみ。通年) 主に日本事情を題材に、討論、文章表現、インタビューやアンケート調査などの活動を行うことにより、読む力、聞く力、書く力、話す力を伸ばす。CALLシステムを用い発音練習も行う。

その他
全養協日本語教師検定対策(9月~・随時) 全養協日本語教師検定合格を目指して対策を行う。
教師論特論(随時) 本校日本語科の教員がそれぞれの経験や専門分野について講義を行う。

上記以外に、日本語通訳ビジネス科の自由選択科目のうち、6時間目の授業を一部受講することができます。

Message

After one year, you will be able to feel confident taking the podium.
Graduates of the Japanese Language Teacher Training Course are active in various Japanese language education organizations in their respective countries. Everyday studies regarding instruments necessary to become a Japanese instructor can be tough, but are ultimately rewarding. After one year, you will be keenly aware of your growth and can feel confident taking the podium.

Information Session

We are holding information sessions for Japanese Language Teacher Training Course and Business Japanese Interpreting Course.